スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
がむばってるのぉ。
夏は活動の時期だよねー(-_-)。←でも何コノ顔ww

そのような訳で、自分的に楽しくなってチラホラ更新していたのだけど、mixiの森に入った絵師サイトさんを、『批判』通り越して『論的に破綻』した言葉を上げ連ねた挙句、『脳ミソなしな行為』をしているイヤーなサイトを見つけてしまったorz

やる気激減。

この人のやったことで、忘れてはならないのは、自分の描いた絵を『公開する場所を選ぶ自由』は絵師さん側にあるってことだよ・・・!

私は自分としては、mixiよりも自ブログの方がより多くの方に見てもらえると思ったし、枠などのデザインの自由度は高いし、自分の調子で更新できるだろうなーと思ったから戻ってきた(この言い方もおかしい、mixiも相変わらずコミュ専用って感じに利用しているし)わけで、他の方は、その選択がmixiになったのかもしれない。

・・・ってか端的にいいます。
どこへ行こうが、ネット社会なんてシステム一緒。
『パソコン、スゲー』とか思ってるからイカン。ただの色んな風に使える道具。
そこに幾つかパーテーションみたいなんついてるだけ。
その向こうに行ってみたとて、偉くも何ともない。あーこれもあるのね、くらいだって。

そのようなことに思いを馳せずして、自己陶酔に陥るばかりの汚い論じで『コッチに来い』と人の意志を捻じ曲げようとしたり(しかも堂堂と「私怨」とか書いているし、“あなたはその意見を載せる前に、本当に思考したのか?”)、真実の閲覧者さんでもないだろうに、勝手にリンクを貼り、関わりのない絵師サイトさんを晒し者にするという行為は、人間として生きたいなら恥じろ。

掲載場所がmixiになろうが、他所になろうが、あなたに関係があるか?
何か実害を及ぼすのか?
はっきり言えるぞ、あなたはここにリンクされている絵師サイトさんの真実の閲覧者さんではないからだ。
絵師さんを潰すような真似をしたら、正に二度と戻ってくるはずがないんからな。
真実の閲覧者さんがするわけないだろ。

そんなことをするのが、“掲載絵”のファンか?・・・そんな論じをする連中を私は疑うよ?
「希望」や「意見」なら解るけれど、よりにもよって、『批判』ってなんだ。

考えてもみろ。
絵師サイトであるだけで、そんなにも拘束されなきゃならないものか。
そもそもこの『表現したい』という気持ちは、『無償の行動』であるし、見てくださっている方との、拍手や、コメントや、TBなどを通じての、“柔らかな交流”“温かな気持ちの通じ合い”ができたら嬉しいというものであるはずだ。

それを『批判(にもならない愚論)』という強制力を持って、捻じ曲げようとするのは愚かしい行為だと思わないのか?
そういうささやかな想いでいる表現者を痛めつけて、何が楽しいというんだ?
しかも名無しが。それだけで論じ合いの場に立ててねぇんだよ、卑怯モノめ。

表現者は自由だ。
そして、見てくれる人たちも、自由なんだ。
ただこの私たちが、ようやく辿り着いて得た場所を、“まっさらの他人”が『批判』できないと知れ。

*****追記。
とても良い考察をされている方を発見したので、追記させていただきます。

サイト:「塵核形成」の管理人:「司馬漬け海苔」さま。 
【絵師に見るインターネットの運用】
⇒http://moto0629.hp.infoseek.co.jp/kosatsu/eshi.html

自分は“絵師”と言われる腕ではありませんが、前述のモノの駄文と比して、この考察はとても“ため”になりました。ネットの海より発見できて幸運でした。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
200807222041
一掴みの灰
「ぱらいそ」への箱舟には乗らない。
私は、一掴みの灰になる。

そして僅かばかりの施肥となり 一本の果樹を育てよう。
その繁れる葉は鳥たちを隠し その実は鳥たちの空腹を和らげる。
灰は、小さな三角の底辺に撒いて欲しい。

高だか一掴みの灰が何程も出来ようとは思わないが 
この世の輪廻のうちにある魂魄の、絶対的数量が変わらないのなら
せめて搾取され続ける自然界の魂と 
圧倒的に増え続ける人の魂との狭間に抗って
「ぱらいそ」への箱舟に乗らないモノがいてもいいだろう?

・・・もっとも、乗ったとして、船の舳先は「いんへるの」へ向いているのかもしれないがね。

私は一掴みの灰になり、ただただ、土に還る。
果樹の苗をひとつ、墓標は要らない。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
200807221754
しゅごキャラ!真城りま★イラストアップ★(いちお、完了版です。)
当ブログ【wisp/志乃】の著作権は放棄しておりません。文章、イラスト(ゑ)などを他方でご利用されないよう、重ねてお願い申し上げます。変更も認められるものではありません。不法利用が発見されました場合は、権利を発効させていただきます。
ご利用された場合に被った不利益を保証をしない形でご提供させていただいております、『履歴書・職務経歴書フォーム』はご利用の範囲をお読みいただいた上、このまま引き続きご利用いただけます。
*****
(しゅごキャラ!)真城りま

★さて!『しゅごキャラ!真城りま★イラスト』ようやく完成アップーです。
 何か調子に乗っていじりすぎた感じも・・・orz
 萌え系(りまりま萌え系か?)がヒサベサだったので、面白すぎた(ワラ。
 背景も少し凝って一から作ってみました。こういうテクスチャもヒサベサです。
 昔はメカでやっておったのぉ・・・(byじじぃ)。

★あと▼シタのは、タイムリーに『しゅごキャラ!』新刊が出たので、POP化してみました。
 ←・・・ってかコミック担当ならそれを狙って描けよ・・・という内なる声が(;´Д`)ノ

 真面目に偶然っちゃ♪byラムちゃんv
 “ラムちゃん”といえば、とうとう『犬夜叉』も終わっちゃいましたか・・・。追いつけない自分に隔世の感ですよ。。゚(つД`)゚。
 ←いや、むしろそこは喰らいついていけ!(;´Д`)ノとかもいう。

 えーっと、『犬夜叉』の第一巻発行時って、『自分、何やってた?』が巡ル・・・学生か、まだ何者でもないや・・・って今もか( ´∀`)♪←ちょ、待て危機感持て!!

 ・・・とか一人ボケツッコミ延延できるんですけど、えー、とりあえず、『ウチのブログが、『横隔膜が痛い』で検索されていて、お見えになられているのがよく分かりました。』ってことを報告してみゆ。

 検索ワード・エトセトラでニーズ?を生ぬるめ(すみません、志乃っぽく中途半端な頑張り)で、いちお、探っていたんですが、何を求められているのかよりいっそう判らなくなりました・・・( ´∀`)

 そんなわけで、志乃っずクオリティでやっていきます。(・・・魚は炙ったイカと生ぬるめのお燗かよ・・・みたいな。って、どこにクオリティ。・・・まぁいいそこは。・・・いいのか(誤爆))

(しゅごキャラ!)真城りま_spop

ところで今月買ったコミックは、『シューピアリア7巻』と『ブラックラグーン8巻』です。
“ブララグ”は第三期アニメ化決定ですね。自分のイチオシコミック圏内に入っているので、芽出度いです。
しかも“ブララグ”は思い出が深く・・・実は、『コレはイケル!』とか思って、数年前にこっそり店に仕入れたんですよねー(ワラ
ほとんどの書店で、GXコミックを棚で見かけるのが珍しい感じの頃?です。←一体いつの時代だw&そしてばれなくてよかったにゅ( ´∀`)
戦う女の中の女!ツエェエ!バラライカ姐さんのような人になりたいねぇ・・・うっとりv←そんな書店員怖いヨな(笑)
そのような訳で、銃モノお好きな方(というよりはカッコイイ科白使いバシバシ決めまくり!&退廃好きな方)はどうぞ。
別窓 | CG・イラスト | コメント:0 | トラックバック:0
200807212244
4時10分。
いちばんに早起きな目覚まし小鳥が啼き出した。

ちくちく ぴ ちく。

驚きであたりが さわ、と揺れる気配。

かーぁ。

鴉が釣られて音頭をひとつ。

ちくちく ぴ ぴ

ちくちく ぴぃ ぴーぃ ぴぴぴ 

もわり、とひとつの宿り木が、目覚めたみたい。
小鳥たちが一斉に啼き始め、窓の外は、さわさわ透き通る声の合唱で満ちてくる。

朝は、早起きな目覚まし小鳥が連れてくるんだね。

さて今日は、どんな新鮮な本たちがお店にやってくるのかな?
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
200807210428
書店員の暗黒面(志乃のダークサイドちらり?)。
今日も相変わらず咳が止らないまま(いい加減治ってくれんかなァ・・・)で、ハリポタ7巻の予約データを作って(&通常業務をして)いました。

そして、『中高年のご夫婦が端の通路を歩いて来たな・・・』と思ったら、突然、奥さまの方が声を上げて笑い出しました。

旦那さまが『何だよ、急に笑い出して?』と訝しげに訊くと、奥さまが、何と言ったと思いますか?
私はくっきりと人間性を疑いました。

『だってぇ、病気になってもあの人、そこに突っ立って働くしかないじゃない。私の方が上だと思ってぇ。』と。

一瞬、『こんな人間もいるものかな?』と呆然としましたね。

すると旦那さまはムッとしたように言いました。
『お前、性格悪くなったな。少しは家計の足しになることしろよ!』と。

それを聞いたとき、ダークサイドちらりで・・・『ザマァミロ。』と思いました(;´Д`)ノ

*****
突き詰めてはっきり言えば、あなたを接客しているのはただの『仕事』だからであり、どんなにゾンザイに本をカウンターに投げられようと返事をしているのは、『金』を得られるからであり、丁寧に接客しているのは、あなたが“偉いから”でもなんでもなく、面倒で、つまらないクレームを言われないためなんですよ、ってことです。

日本のサーヴィスは、クオリティーが高いので、勘違いで思い上がる御仁も出てくるのかもしれませんが・・・って、ここまでが暗黒面。

凄まじく気持ちが荒んだので、『演技だよ、演技!』と慰める同僚。

*****
ふぅ、私はカウンターに立って、お客様が思い思いに本や雑誌を手に取ったり、歩いたり、子供たちがはしゃいだりしているのを眺める時間が好きですよー。

それで、お探しの本があって嬉しそうな様子とか、今日も常連さんがいらっしゃってて、たぶんこの棚のを見ていらっしゃるな、とか、子供たちがお会計を待ちきれなくて本を手放せなかったりで親御さんに叱られたりとか、そんな人と本、な感じでいっぱいな本屋に、せかせか働きながら、ときどきぼうっとしながらいるのが好きですよー。

結婚していようが していなかろうが 病気だろうが 病気でなかろうが
誰の上だろうが  誰の下だろうが  そんなことは構わないじゃないか
ぼくはこの職場が大好きだ。

けっきょく、それだけ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
200807202354
BACK | Wisp(ウィスプ) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。