スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
SAMURAI7 第五話『お粗末!』
侍7(ヘイハチ)ヘイハチを描きました。


おコメ侍・ヘイハチが仲間になった♪
・・・と、言うわけで。今回のイラストは一部アニメーション塗りでチャレンジ。
マウスで塗っているので、時間がかかる・・・。

いや、今までのCGは全部マウスで描いているのですけれども。いつものぼかし塗り(エアブラシ)は案外早く塗れるのです。

厳密に境界を塗るのは、自分としては、マウスを小刻みに動かさないといけないので、ちょっと面倒です。

大版のペンタブレットは持っているのですが、ナゼか使っていないという・・・ははは・・・。目はモニターを見ていて、手は下っていう、位置関係のズレに、どうも馴染めないのです。

今回のアニメーション塗りをしてみて、ペンタブの方がさらさら描けるかもしれないと思いました(マウスでもストレスフリーでしたが)。数年来、持ち腐れですし=■●

厚塗り面白いです。

P.S.絵の中の“SAMURAI7”のロゴ・・・“U”抜けちゃって、レイヤー統合したあとに、足しちゃいましたよ(汗)あーあー(;´Д`)ノ
別窓 | SAMURAI7 | コメント:3 | トラックバック:0
200605150025
SAMURAI7 第四話『参る!』
⇒ゴロベエが仲間になった♪(推測)。

・・・って父上。

ビデオ録れてません!!


・゚・(ノД`;)・゚・



それはGW最中のデキゴト。
私は朝っぱらから終電まで、有楽町の東京国際フォーラムで行われる『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン~「熱狂の日」音楽祭~』であるため、ビデオをセットしていったのであった。

父。
『ビデオ観るか~♪』

ガシャ(取り出し)!⇒

テープ入れ替えて観て~⇒
ダシッパ!

(な・なななななんということを・・・(´Д`|||) !!!!!)

やや鼻歌交じりの千鳥足で帰ってきて、どーんと一気にブルー色調ですヨ!

ヽ(`Д´)ノ父上~!!!!


(小一時間経過)


や・でもまぁ、タイマーかけてるヨって、しつこいくらいメモ貼ってなかった方が悪いんだよな・・・ビデオ観るって充分ありえるんやしと、
ふと地蔵モード( ̄_ ̄)に。

ワタクシの危機管理が足りないってコトですね。学んだ、学んだヨ。



と、頑張って納得させてみたところで、見られないことは変わらのンじゃぁぁぁあああ!!!!。

・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ギャピィ-!!!!


P.S.後日、『獣王星』もやられていることが分かりました。


あと守るべきモノは『NANA』だけだよ・・・_| ̄|○
別窓 | SAMURAI7 | コメント:0 | トラックバック:0
200605091903
SAMURAI7 第三話『ご冗談を!』
カツシロウ
◆今回はカツシロウを描きました。

◆前回までの記事へ⇒GO!!

◆あらすじ◆は――次のサイトを見てネ。
↓↓↓サムライ7(NHK公式サイト)
http://www3.nhk.or.jp/anime/samurai7/main.html

↓↓↓サムライ7(GONZO公式サイト)
http://www.samurai-7.com/index.html

◆感想◆
カンベエが仲間?になった♪めでたい!
ゴロベエでてきたぞ♪めでたい!

(頭のなかで、ドラクエの音楽が流れているのですが・・・しかもⅢあたりの感じで。)
カツシロウは、いつも困った顔をしていますね。

・・・とゆーわけで、そのほか細かいところは、今週、伯父が遊びに来ていて、「NANA」「獣王星」「SAMURAI7」と、ビデオを観ていたらヤタラ話しかけてくるので、ぜんぜん内容が頭に入ってこず・・・(T△T)
お願いですから、携帯電話の着メロ自慢は他の人を捕まえてやってくだされぃ!

⇒とりあえずイラストをアップしておきまして、改めて見直して、後日コメントアップします。
はふん(´Д`)
別窓 | SAMURAI7 | コメント:4 | トラックバック:0
200605020008
SAMURAI7 第二話『喰う!』
カンベエ
◆今回はカンベエを描いてみました。

◆第一話『斬る!』のレヴューへ⇒GO!!

◆あらすじ◆は――次のサイトを見てネ。
↓↓↓サムライ7(NHK公式サイト)
http://www3.nhk.or.jp/anime/samurai7/main.html

↓↓↓サムライ7(GONZO公式サイト)
http://www.samurai-7.com/index.html

◆感想◆
メカ侍・キクチヨのめくら打ちのような戦いかたが無茶で好きですわv
メシどころか茶碗もお箸もバキュームして、さて、彼はどうやって栄養源にしているのでしょうか?w
性格がストレートでかわいいです。

カツシロウってイメージが、『八犬伝』の犬塚信乃と混ざってしまう。何故だろう?

で。題名の『喰う!』って、似非サムライの皆さんが、お百姓衆の苦労して作った御米を只食いする、『喰う!』なんでしょうかネ。
カツシロウとキクチヨも『喰ッ』ってましたが。

キュウゾウも少々でていましたね。謀反でも起こすのでしょうか?

*****本題。
変わらずクールなカンベエ(内心はホットなのでしょうが)。
キララの必死のお願い♪(byマイメロ)攻撃にも惑わされず、『帰れ』。はうぁ。
しかも『苦労するだろう(志乃的意訳)』とか言っているし。軍師だから先が読めるのか?

実際、虹雅渓の豪商アヤマロのぼんぼん・ウキョウに見初められて誘拐されてしまうキララ。
(ウキョウ・・・実行力のあるドラ息子だな・・・。)

カツシロウとキクチヨによってキララ奪還作戦?決行。(というより力技で・・・キクチヨは首の次は腕がもげてしまうのだけど、回路はどうなっているのですか?非接触型?)
二人がひきつけている間に、キララが追っ手を逃れるのだが、中天に突き出した行き止まりで、はるか下を見ると、カンベエが歩いている。

信じて飛ぶキララ。(婦女子が落ちてくるのは、ラピュタくらいでカンベンしてください・・・。)

それにカンベエ、横目で気づいて中空に蹴りだし、ダイレクト・キャーッチ。
エレベーターの上部に二人で着地し、ワイヤーを刀で切断して、さらに刀をコマとコマの間に突っ込んでブレーキに。
(『カンベエかっこいい!』とか思う前に『刃こぼれするうぅぅ、やめてぇぇ!!』と内心で叫ぶ私。思うところ違ッ!)
※細かいところだけど、エレベーターの頭のところに“天”って書いてあったのに感動。描き込んでる~。さすが~。

キララ『助けてくださると、信じていました』

第三話『ご冗談を!』に続く。※来週4/22は放送休止(涙)why?
別窓 | SAMURAI7 | コメント:2 | トラックバック:2
200604151935
SAMURAI7 第一話『斬る!』
kirara

⇒NHK総合(地上放送)/4/8-毎週土曜・午前0:30-0:55

原作/黒澤明「七人の侍」より
監督/滝沢敏文
脚本/冨岡淳広
キャラクターデザイン/草琢仁
メカデザイン・美術デザイン/小林誠
アニメーション制作/GONZO 

◆あらすじ◆は――
下のサイトを見てネ!って『おねがい♪マイメロディくるくるシャッフル!(テレビ東京系列)』みたいな出だしで始まったり。
(知っている人しか知らないネタ。)

↓↓↓(NHK公式サイト)
サムライ7
http://www3.nhk.or.jp/anime/samurai7/main.html

↓↓↓(GONZO公式サイト)
サムライ7
http://www.samurai-7.com/index.html

◆感想◆
最初の25分なので、まだキャラクターが揃っていないし、世界観が説明しきれていないし。というところでナナメ見物しているところはあるけれど、おおむね好きな方向です。
何せ侍とメカと巫女やらが出ているから(笑)あはは。キャラクターデザインが草琢仁さんだし、サイトを見たらメカがエラク・カッコいい(“雷電”や“紅蜘蛛”はどこから活躍してくるのかなー)なので、初めからビデオを録るつもりでした。録りつつ観てしまったけれど。
これからの展開に期待です。
以下は簡単なデータ。

黒澤明監督の『七人の侍』での七人→SAMURAI7での7人
勘兵衛 (志村喬)  →カンベエ (寺杣昌紀)
菊千代 (三船敏郎) →キクチヨ (コング桑田)
七朗次 (加東大介) →シチロージ(草野徹)
勝四郎 (木村功)  →カツシロウ(朴璐美 )
久蔵  (宮口精二) →キュウゾウ(三木眞一郎)
五郎兵衛(稲葉義男) →ゴロベエ (稲田徹)
平八  (千秋実)  →ヘイハチ (犬飼淳治)

*****ここから脱線。
アニメーション製作/GONZOといえば、『バジリスク~甲賀忍法帖~』も手がけてますが、この作品は山田風太郎原作、せがわまさき作画。
※この漫画がブレークし、下敷きとなって、仲間由紀恵(朧役)・オダギリジョー(甲賀弦之介役)が主役の映画『SHINOBI』が作られたのですね。
山田風太郎先生について話し出すと長いので、今回は、“せがわまさき”さん。
『鬼斬り十蔵(アッパーズ、全4巻)』という漫画をはじめて読んだときは、安倍晴明の新たな解釈に驚きました。いやもう、月並みな言い方しかできないけれど、オリジナリティに溢れていて。
畳み掛けるように、驚きの展開が次々に起こっていくのです。安倍晴明・蘆屋道満、悪路王などのワードにビキビキ反応するようだったら、読んでみてくださーい^^
ここのところ(『バジリスク』→『Y十M』)と、かなり!評判がいいので、山田風太郎先生原作の漫画をずっと手がけていらっしゃいますが、ぜひオリジナルを描いていただきたいな~と“せがわまさき”ファンは思うのでした。
風太郎先生の世界が、せがわまさきさんのイメージで表出するのも面白いけれど。せがわさんの腕が4本あったらいいのになぁなんて無茶なことも思ってみたりもする。ときどき本気で(遠い目)。
それこそ“山田風太郎”の忍者なり!

※『鬼斬り十蔵』は新装版も出ています。

↓↓↓公式サイト
せがわまさき電脳絵巻
http://homepage1.nifty.com/segawa-page/
※『Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~(山田風太郎原作)』を講談社で連載中。

↓↓↓映画
SHINOBI(忍)公式サイト
http://www.shinobi-movie.com/main.html
別窓 | SAMURAI7 | コメント:0 | トラックバック:1
200604081756
BACK | Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。