スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
映画『ダ・ヴィンチ・コード』
◆CAST◆
ロバート・ラングドン/トム・ハンクス
ソフィー・ヌヴー/オドレイ・トトゥ 
※ヌヴーとかトトゥって、いい響きねぇ・・・゚+.゚(*´∀`)゚+.゚
ジャック・ソニエール/ジャン=ピエール・マリエール
※ダイイングメッセージをモノスゴク残していった頑張り屋さん♪
*
リー・ティービング/イアン・マッケラン
※ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)のガンダルフにまつわるイイ奴マッケラン話…笑えます。⇒http://abcdane.net/archives/000759.html
しかし、オーランド(オーリィ♪)・ブルームといい、イアン・マッケランといい、LOTRに関係する役者さんが他の映画に出演されていると、現代にタイムスリップしてバイトしているかのような違和感を感じてしまう…(´Α`;)あぅ。

*
マヌエル・アリンガローサ/アルフレッド・モリーナ
シラス/ポール・ベタニー
*
ベズ・ファーシュ/ジャン・レノ
※ジャン・レノは、元素記号のテストができないと、腕立て伏せを間違えた問題数×10回(MAX100回)させるという、スパルタな中学校の理科教師にそっくりです。
・・・と言われても個人的すぎて、イメージできないでしょうがww


公開5月20日

◆かなり大まかなあらすじ◆
ルーヴル美術館の館長・ソニエールが、同館のグランド・ギャラリーで殺害された。
館長は死の間際、自らの体に謎の暗号とメッセージを残し、ラングドンとソフィーにこれを託すが、館長と会う約束をしていたラングトンは容疑者になってしまう。
ソフィーは、ラングトンがこのままフランス司法警察に拘束されるところだったのを、二人して館内における謎を解き、百合の鍵を手にして、辛くもその包囲網から脱出する。
百合の鍵はスイス銀行の鍵であり、重要な“あるもの”を手にした二人だったが、執拗に教会の手のものは意外な人物の姿をして二人を狙ってくる。
辛くも、宗教学者リー・ティービングの館へと逃げ込んだ二人。
そこで『最後の晩餐』の壁画に浮かび上がる女性の存在と、“聖杯”とはなんであるのかを聞く。
リーによれば、ソフィーは、聖杯の“守護者”として教育された者であるというのだが・・・?
果たして、ラングトンとソフィは、連続する謎を解き、“聖杯”をその手にすることはできるのか?

◆感想◆
原作を読まず、絵に隠されたメッセージ、世界観などに予備知識・多少ありな状態で観ると、端的に言って冗長でした。
153分もあるので、内容はともかく、お尻が痛くなってきます・・・。
でも、ナゾを解くと次のナゾへ繋がっていく、その流れはとても美しいです。ソフィーが守護者である割りに一向に謎を解かない(解けない)ので、ナゼだッ!?という感じですが、中盤で役割が違うのだと分かってきます・・・。
これは、原作を読もうっと。
トム・ハンクスが、オドレイ・トトゥと並ぶと頭が大きいのでビックリ。きっとオドレイが小さいのだな・・・ヽ(´~`;)ノ

フランスといえば、ジャン・レノでしょう!!管理人・志乃は映画『レオン』(ジャン・レノはその主役)が大好きです。
2枚組みのDVDもコレクションしています♪
彼が出てきただけで、もう『ダ・ヴィンチ・コード』は、「ペイしたヽ(´∀`*)ノ」とか思っちゃいました。
途中まで司祭にいいように使われてましたけど、真実が分かって、憮然として、「○○○は死んだ」とか言ったりしてね(* ̄m ̄)ぷっ。

『ダ・ヴィンチ・コード』は、“血脈がいる”というストーリーというので信仰の厚いところでは不買運動がおきていたりして大変な騒動になっているそうで・・・、関係が無いかもしれないけれど、自分的には、宗教と政治の話は特に仲のいい人とはあまり話をしないことにしています。
これはやはり、いくら仲がよくても踏み込んではいけない領分があるので、できるだけ論争にならないように心掛けていることだったりします。信じていることや確信していることを否定されると、誰しも気分がよくないですし・・・。
私は、それほど信仰心がありませんから、この映画も架空の話であり、よくできたミステリーとして観ましたが、内心、「映画の途中で暴れだしたりする人がでてきたりして・・・」とひやひやしました。杞憂でしたが。

私の脳死後の臓器提供についても、よく思わない人もいます。「内臓がなければ、成仏できないように思う」ということで。これも考え方の相違で、どちらが正しくて、誤りともいえないでしょう。
私に、「心臓だけは“心”なのだから移植してはいけない!!」と強く言う人がいましたが、私は表面上うなずく一方で、内心、自分で決めるものだと思っています。私は、心臓を移植せずに死んだら、心よりも人生そのものが終わってしまうと考えます・・・。心配してもらうのはいいのですが、意見の押し付けはいけないのではないでしょうか。
・・・話がだいぶずれましたけど、内心の自由を認め合う。お互いのことを尊重するには、ここが原点なのではないかと思います。

↓↓↓角川書店(ダ・ヴィンチ・コード特集ページ)
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200405-05/

↓↓↓ダ・ヴィンチ・コード公式ファンサイト
http://thedavincicode.jp/news/
※5/18の“ジャパンプレミア”にTMRの西川貴教王子が来たんだ~♪現場に行きたかったなァ。
↓↓↓ソニー・ピクチャーズ公式サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/
※“ダ・ヴィンチ・ギャラリー”で、絵の中に隠された6つの隠しコード探しは、盲点を突いていてなかなか面白いです。

↓↓↓ダ・ヴィンチ・コード展
http://www.davincicodemuseum.jp/index.html

劇場に『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の大きな立て看板がありましたヽ(´∀`*)ノ♪
持ち帰りたかった・・・⇒って、もしくれても置き場がありませんが・・・(´Д⊂グスン


オーリィ♪らぶvジョニー・デップ♪イカス♪
オーランド・ブルームジョニー・デップ
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:12 | トラックバック:12
200605222216
<<SAMURAI7 第六話『任せろ!』 | Wisp(ウィスプ) | 履歴書・職務経歴書フォームがダウンロードできますヽ(´∀`*)ノ >>
この記事のコメント
 
初めまして。
200605222311
すごく興味がある記事でした。予備知識なしで、初日に勇んで行ったので、パンフ先読みすればよかったとだいぶ後悔しました。
たしかにオーリー様とガンダルフのバイト って表現はぴったりかも。

パイレーツとても楽しみです。

TBつけさせていただきました。よかったら遊びに来てくださいね。
これって、fc2のテンプレでしょうか?とても素敵です。
またお邪魔しますね。
2006-05-22 Mon | URL | ジェニファー #-[ 内容変更]

 
Re:初めまして。
200605230010
ジェニファーさま、ご訪問&コメントありがとうございます!!とっても嬉しいです。

私も公開したらすぐに行くと決めていました(* ̄m ̄)!!
こういった世界(物語のような?)は好きなので、モーセの十戒という映画を観たり、聖書を読んでみたことがあります。読破まではいきませんでしたが・・・(´▽`;)
ダ・ヴィンチなど、絵の中に符号(コード)を隠すなんて、モノスゴク知的な遊び・・・といいますか、仕事??ですよね。
以前、もう一つの若い女性版・モナリザが実在する、といってTVで公開しているのを見ましたけど、本物かどうか鑑定中とか・・・あれはどうなったのか気になっています。

本当に原作つきの映画は、先に予習すべきかどうか、迷いますよね!パンフも先に買うと、読みたくなってしまうし~!!
そうだ!“ぴあ”で『プレミアムガイドBOOK』を無料配布しているのです。俳優陣や監督のインタビューや、事件を時系列で追っていて、とても見やすいですよヽ(´∀`*)ノ
まだお持ちでなかったら、おススメです♪

はい、FC2のテンプレといいますか、ユーザーさんの作られたものを、お借りしております。
FC2には、公式デザイン共有デザインとがありまして、私はユーザーさんの作られた“共有デザイン”から「和風でいいなぁ・・・( ´艸`)」というものに、少しカスタマイズさせていただいて、使っています。
ブログはこちらのFC2さんしか使ったことがないので、他のところと比べたことはないのですが、とても使いやすいと思います♪

URLを残してくださって、ありがとうございます♪
さっそく遊びにうかがいますネ♪
こちらへも、またいらっしゃって下さいませね゚+.゚(*´∀`)゚+.゚♪
2006-05-23 Tue | URL | 志乃 #mC9l1/mo[ 内容変更]

 
The Last Supper
200605230043
はじめまして。原作を読みロン・ハワード監督ということもあって映画の方も楽しみにしていました。「ナゾを解くと次のナゾへ繋がっていく、その流れはとても美しい」は同感でしたし、その表現自体が美しいと思いました。

ドナーカード(提供)を所持しています。興味深く読ませてもらいました。
2006-05-23 Tue | URL | デンドン #-[ 内容変更]

 
Re:The Last Supper
200605230127
デンドンさま、はじめまして。
お越しいただき、思いがけず、コメント&TBまで残してくださって、誠にありがとうございます!!
その上、表現までほめていただき・・・とても嬉しいです☆

原作も読まれたのですね。話によると、クリプテックスも一つではなく、いっそう謎が多く連なっているそうですね。
⇒うわ、繋がりが想像できない・・・けれど、ぜひとも読んでみたくなりました!!゚+.゚(*´∀`)゚+.゚

ドナーカードをお持ちなのですね。
私も所持しています。最近はリストバンドもあり、これもしています。なんだか同志を見つけたようで嬉しいです♪
ブログに2本関連記事を書いていまして、2005年11月10日と2006年4月13日に載っています。
よろしかったら、ご覧下さいませ♪
夏には、インターネットで意思を登録できるようになるそうです。う~ん、便利になりますねヽ(´∀`*)ノ

話は戻りますが、“The Last Supper”って、“最後の晩餐”という意味なのですね。
英語は弱いので、辞書を引いてしまいました。Last・・・で、インスピレーションで分かりそうなものですが・・・ww
2006-05-23 Tue | URL | 志乃 #mC9l1/mo[ 内容変更]

 
TBありがとうございます。
200606091754
こんにちは。TBありがとうございました。
私がだいたいの展開は知ってはいましたが、原作を読まずに見たクチです。
感想としては、展開が早すぎて見ているときは飽きなかったのですが、今思い返すと殆ど記憶に残っていません。
重たいテーマなのに、心に訴えるものがないのは、単に信仰心の薄い日本人だからではないと思います。

私も昔いた会社で、政治と宗教とプロ野球の話はしない方が良いと教わりました。とても良いことを教えもらったと有り難く感じ、今でも実行しています。
ドナーカードは私は自分の体が弱いので持っていませんが、臓器移植に関しては、私も同様の意見です。(持てるなら持ちたいのですが…)
死者の弔い方は、その人の持っている事情等により人それぞれで、他の方に意見を押し付けられるものではないと思っています。
面白い記事でした。
2006-06-09 Fri | URL | まり #-[ 内容変更]

 
TBありがとうございます
200606091925
TBをお返ししようとしたら
Your blog is not permitted
なんて、悲しいエラーメッセージが出ましたので
コメントだけ残させていただきたいと思いまして来ました。

臓器移植のお話、興味深く拝読しました。
>内心の自由を認め合う
大切なことですね。
信仰や主義といった大きなことだけでなく
普段のささいな会話の中でも
意見の違う人に対して
押し付けがましくなってしまったり
否定してしまったりということをしていないだろうかと
ちょっと自分を顧みてしまいました。
2006-06-09 Fri | URL | mambotaxi #sqP2p4pA[ 内容変更]

 
娯楽映画
200606100213
TBありがとうございました。
原作もかなり前に 勢いつけて読んだきりだったので
すっかり内容忘れてました。
娯楽映画として楽しめましたけど、キリスト教徒ではないので
ぴんときませんでした・・・。
やっぱり トムもアメリちゃんもミスキャストかも。
2006-06-10 Sat | URL | kino #01r4NFe2[ 内容変更]

 
まり様
200606102327
こんにちは☆コメントとTBをありがとうございます!!

同じく私もテレビの特番でおおよその展開と謎を知っていましたが、原作を読まずに観たクチです…ww
信仰があると、この映画はやはり観るのはつらいものかもしれませんね。
中には、マグタラのマリアの産んだ子供を信仰する方々もいらっしゃるし、人々の信ずるところはさまざまですね。

プロ野球の話もしないほうがいいのですか!!…よいことを教えていただきました。
確かに、自分の好きな球団のほうがいいのだ、という話になって、争いの素になりますよね。

臓器移植の考えに同様と言っていただけて、嬉しいです。
祖母もよく、「人間死んだらオシマイよ」「生きてるもん勝ち」と言っていました。
歳の割には、祖母は考えが新しいなァと思いますが(笑)

記事を読んでいただいて、ありがとうございます。
私も、まり様がブログで仰っているように、映画好きか?と聞かれたら「見るのは好き」としか答えようがない――に同様です。
2006-06-10 Sat | URL | 志乃 #mC9l1/mo[ 内容変更]

 
mambotaxiさま
200606102354
こんばんは。コメントありがとうございます!!
TBのことでは、たいへん失礼をいたしました!!


一時期、<露出系>の望まないTBが多く掛かりまして、そのTBを防ぐための禁止ワードを掛けていたのですが、それらの何かが引っかかってしまったものと思われます。
mambotaxiさまの記事が面白かったので、私からTBさせていただきまして、せっかくTB返ししていただきましたのに、たいへん失礼をしてしまい、すみません…・゚・(ノД`;)・゚・
それでもコメントを残してくださいまして、ありがとうございますヽ(´∀`*)ノ

「内心の自由を認め合う。」
そう書いたことで、そこまで感じていただけるとは、恐縮です。
私もそう書きながら、ときどき押し付けがましくなっているのではないかと、ひやりとすることがあります。

なかなか、外見の階級や金銭など、さまざまなことで、「対等でいること」は難しいですが、お互いの内心を認め合いつつ、対等な関係をつくっていけたらいいなぁと思います。

…ええと、お話変わりますが、mambotaxiさまのブログに載っていた、見る角度で絵が変わるダ・ヴィンチ・コードのポストカード、うらやましいですヽ(´∀`*)ノ
2006-06-10 Sat | URL | 志乃 #mC9l1/mo[ 内容変更]

 
kinoさま
200606110009
こんばんは。コメントありがとうございます!!

不買運動などなどありましたけど…信仰のない人にとっては娯楽ですよね。
私も信仰はありませんので、フィクションとして楽しみました。
でも真剣に信仰している人のなかには、“侮辱”ととる人もいるでしょう。
こういうところに題材をとるのは、カケみたいな感じがしますねー…。

アメリちゃん(笑)は、個人的には、モニカ・ベルッチだと喜ばしかったです。⇒単純にファンなのでww
トム・ハンクスは、どうでしょうねぇ。頭が大きいなァ…とずっと思って観てましたが…ww

そういえば、kinoさまがブログで、特番を観ていたら「映画観なくてもいいくらいですよ」と仰っていたことに、結構同感なんですが…(笑)
2006-06-11 Sun | URL | 志乃 #mC9l1/mo[ 内容変更]

 
信じるものは・・・
200606121143
「イワシの頭も信心から」と申します。
宗教ばかりか、イワシの頭も、ナスのヘタも、血液型別性格判断も、信じる者は救われるんですね。

なんて虚無ぶってますが、風呂あがりに爪を切っていると「親の死に目に会えない」って迷信を、ふと思い浮かべてしまう者ですが(笑)、TBありがとうございました。

2006-06-12 Mon | URL | にら #lcbXb0/Q[ 内容変更]

 
にら様
200606132100
こんばんは☆『花よりもなほ』に続き、コメント&TB返しありがとうございました!!

信じるものがある人は強い”というのは確かだと思いますが、「これを信じろ~」という風に押し付けてくる手合いは遠慮したいところです。
イワシの頭」などの自発的な信心はいいんですけど(笑)。

薬理作用のない薬などでも、効果があると信じて飲めば、効いてしまう人もある(プラシーボ効果)といいますし、まぁ、中には信じる者は救われるのではないかとww
私は占いは、都合のいい結果しか信じません(笑)

風呂上り(夜)に爪を切ると「親の死に目に会えない」という格言?っていうのは、昔は夜の明かりが不十分で、夜に爪を切ると“深づめ”をしてしまうから、戒めのために言っていたんだそうですよ。
祖母が言っていたので間違いないです(笑)
かくいう私も、祖母と小さい頃から同居していましたので、このような類の格言を、行動に刷り込まれてしまっております(笑)
2006-06-13 Tue | URL | 志乃 #mC9l1/mo[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
200605230045
『ダ・ヴィンチ・コード』(www.sonypictures.jp)が遂にスクリーンに登場。テーマがキリストの謎ということと、大ベストセラーの映画化なのでさまざまな論議を呼ぶのは当然の事でしょう。やはり気になるので足を運びました。原作を読んでいない、或いは読んでいたとしても …
2006-05-23 Tue 00:45 D2 Blog

 
200606091740
私は映画ブログをやってはいるが、映画好きか?と聞かれたら「見るのは好き」としか答 …

 
200606100000
ダン・ブラウンの原作はだいぶ前に読んで、映画化を楽しみにしていた1本。直前のカンヌ映画祭のプレス試写で不評だったとか、失笑されたとかの報道があったんで、ベテラン、ロン・ハ …

 
200606100214
本日公開、「ダ・ヴィンチ・コード」観てきました。そして、帰ってきて慌てて堺雅人出演の特番を観る。(米倉○子はいいから堺さんをもっと!!!堺さん、「世界遺産」のナレーション似合いそうだなぁ)この番組(および、ヒストリー・チャンネルの特番)を観ていたら映画観 …
2006-06-10 Sat 02:14 目の中のリンゴ

 
200606100953
原題: The Da Vinci Code (2006)2006年5月20日 日本初公開公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/新宿プラザ2006年5月31日(水)12時10分からの回ゴウ先生ランキング: C  画質 (スコープ):  B-/C+  音質 (SRSD?): B-  英語 …

 
200606102132
「ダ・ヴィンチ・コード」 THE DA VINCI CODE/製作:2006年、 …
2006-06-10 Sat 21:32 映画通の部屋

 
200606110014
ワーナーみなとみらいで鑑賞正直、全ての回で完売だったのではないでしょうか?先週の日曜の段階で、結構席なかったですしね。。。。ちなみに、私はブクログで、みてわかるように、この原作は読んでません。なので、思い込みなどない状態で見ています。一応、通っていた幼稚 …
2006-06-11 Sun 00:14 物・モノ・mono

 
200606110038
この作品って、レオナル・ド・ダヴィンチの話がメインなのかと思っていた、、、モナリザもチョットしか出てこないんですねぇ。。。原作を読んでいない私は、テレビで「本を読んでいない人は、せめて特集番組を見てからの方が楽しめる!」と言っていたので、いろいろ見... …

 
200606112217
トム・ハンクス演じるアナグラム野郎なとんでも系の学者が、何を見ても字とか図形がせまってきて日常の生活に困るけど、それを武器に難問・珍問を解決していくのかと思ったら、それは最初の方でちょっとだけでした。カーチェイスやドンパチまで入れて、典型的なハリウッド大 …

 
200606121024
豪華キャストでベストセラーを映画化{/star/}。しかし、カソリック教会から批判されているとか、トム・ハンクスの髪型もダメダメと言われ・・・2006年 アメリカ サスペンス・ミステリー2006年5月29日 ワーナー・マイカル・シネマズ・新百合ヶ丘監督 ロン・ハワード(シン …
2006-06-12 Mon 10:24 ももママの心のblog

 
200606121036
読んでから観るか、観てから読むか、それが問題だ。少しだけネタバレあり。原作がベストセラーである映画の場合、どちらか迷うものだ。映画化が決定していない時点で本を手にした場合は別として、映画化か決まっている場合、観るまで待とうか、先に読んで予習しようか迷う。 …
2006-06-12 Mon 10:36 シネマ日記

 
200606121144
「ダヴィチンコード」・・・映画の中で、観客に隠されていたものは何か? …
2006-06-12 Mon 11:44 ねこのひたい~絵日記室

TRACKBACK
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。