スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
手塚治虫作品「どろろ」 実写映画化
昭和42年に発表された手塚先生の怪奇漫画「どろろ」が、
このたび実写映画化されることに!∩(´∀`)∩
主演の百鬼丸(ひゃっきまる)役に、俳優・妻夫木聡、どろろ役に女優・柴咲コウ。
本格アクションになるそう。

タイトルは「どろろ DORORO」(塩田明彦監督)に決まり、平成19年に東宝系で公開予定。
撮影はニュージーランドで行い、
総製作費は20億円以上という邦画最大規模の資金を送り込む大作であるらしい。

同作は、体の48カ所を魔物に奪われた百鬼丸が、
体を取り戻すために、男装した子供の泥棒・どろろとともに魔物退治の旅に出る物語。

同映画の平野隆プロデューサーは、
「戦争がなくならず、大人の争いで子供が傷つけられている今だからこそ、
 この作品が持つ平和のメッセージを世界に発信したい」と企画意図を説明。

映画では、「男女間の微妙な心情を表現し、物語に膨らみを持たせるため」に、
原作で少年(実際は少女)として登場した、
どろろの年齢をあえて百鬼丸と同年代に設定したそうだ。
(余計なことを…(´Д`))

※「ロード・オブ・ザ・リング」も、ロケ地はニュージーランドでしたね。

配役のイメージの違い、設定の違和感などはありますが、楽しみです。

*** 非常におおまかなあらすじ ***
戦国武将に仕える醍醐景光は、天下取りの野望を叶えるため、
生まれて来るわが子の体を、48匹の魔物に与えてしまったのだ!
生まれた子供は、体の48ヵ所の部分が足りず、川に流され捨てられてしまう。

時は流れて、戦(いくさ)の世を旅する少年・百鬼丸(ひゃっきまる)。
彼こそが、魔物に体を奪われた赤子の成長した姿だった。

百鬼丸は、己の体を奪った妖怪を1匹倒すごとに、失った体の部分を
1ヵ所取り戻すことができる。
百鬼丸は、どろろという名の泥棒少年と知り合い、一緒に魔物退治の旅をするようになります。

※「週刊少年サンデー」の連載は未完のまま中断したが、その後、
 テレビアニメの放映に合わせ、
 月刊雑誌「冒険王」に第2部が連載され、一応の完結を見ています。

・当時はあまり人気がなかったらしいのですが、
 今読むと独創的で面白いので、何故?という感じです。
 自分の中では、「どろろ」「ブラック・ジャック」「七色いんこ」「未来人カオス」が一押しです。
 どれか選べと言われたら悩む・・・。

*** 余談 ***
切り絵作家・百鬼丸:
日本を代表する切り絵作家。多数の表紙・書籍カバー・カレンダーなどを手掛け、活躍中。
特に立体切り絵は、奥行きがあって、平面からここまで表情を出せるものなのだなぁと驚きます。

<OFFICEAL SITE : 幻の切り絵作家百鬼丸ホームページ>
http://hyakkimaru.com/
 
※百鬼丸切り絵美術館(13時~18時・要予約)
 〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷7-11長峰ビル301 TEL/FAX 049-287-1686

・小説どろろ(鳥海尽三著、学習研究社)の表紙も手がけているのだから、
 お名前だけでなく、手塚先生にご縁がありますね。
 もしかして、「どろろ」から作家名をお付けになった?

・NHK総合テレビ(11月10日、18:00~)で放送されていた展覧会の模様で、
 百鬼丸さんのお顔をはじめて拝見しました。
 リクエストに応えて即興で、「そばを食べる羅漢さん」の切り絵を作成されましたが、
 実に味のある羅漢さんでした。

・宇江佐真理さんや宮部みゆきさんの小説の表紙も手がけておられるので、
 ご存知の方も多いのでは。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:3
200511170852
<<北斗の拳―ラオウ伝 殉愛の章― | Wisp(ウィスプ) | 怖い話>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
200511171852
 手塚漫画「どろろ」が妻夫木&コウ主演で実写映画化!、原作では未完で終わってしまってるので、単純に結末がどうなるのかと期待。「ロケ地も壮大なスケールと特殊な時代を演出するために、ニュージーランドのオープンセットを中心に敢行する。総製作費20億円超という邦 …
2005-11-17 Thu 18:52 renkon.jp

 
200511192331
『どろろ』と聞いて「手塚治虫のまんが!」と、即答できるのは僕から上の年代の人たちだろうと思っていました。が、実は昨年ゲームソフトとして復活していたようです。その『どろろ』が、2007年に『どろろ DORORO』として実写映画化されることが決まりました。どろろ役に …
2005-11-19 Sat 23:31 僕のド☆ラマism

 
200512281627
すでに映画撮影がスタートし、妻夫木聡をはじめメインスタッフがニュージーランド入りした、との情報もある、2007年正月映画公開の決定した『どろろ DORORO』(注:タイトルは11月17日の発表時はDOROROの文字がついていましたが、東宝ウェブサイトのラ …
2005-12-28 Wed 16:27 つまぶろ。

TRACKBACK
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。