スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
旅の土産(奈良と京都にて)
◆奈良町のねこ。
道端の猫
歩き出そうとしたキミの背に、カメラを向けた無粋な僕。
キミは立ち止まって振り返り、「シャッター、押してもいいよ。」と言った。
最後のやさしさだった。
僕はそれで、もう引き止められないことを知ったんだ。

◆二月堂
二月堂
読書するキミの傍らで、僕はいつも手持ち無沙汰に景色を眺めていて、
それでいてときどきその横顔を撮った。
今はいないその人の、本を読み疲れたため息を聞きに、また、二月堂に来てしまう。

◆清水寺の夕
清水寺の夕
舞台に登るでもなく、夕日に染まる境内でボクたちは、人様が聞いたなら延延とつまらない話をしていたね。
ただそれだけで充分で。
そのとき、もう一緒の明日は来ないとボクたちが知っていたとしても、他に何ができたろう?

**********
今日は矢鱈、淋しい曲ばかりが掛かっていたので、浮かぶ詩が淡くて、くべたら蒼い火に燃えそうで。
なんだか無性にまた旅に出たい。←あーぁ、放浪癖でたよ・・・(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 写真 | コメント:0 | トラックバック:0
200805280054
<<シナプス | Wisp(ウィスプ) | 旅の土産(奈良の地より)。>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。