スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
パッケージも紐掛けもしていない本屋in神保町
些少の野暮用にて、東京神田・神保町に出掛けました。
時間があったのでぶらりと界隈を散策。
さすが書店の町、あるわあるわ駅周辺だけでも数十件の新/古書店が・・・!

なかでも驚かされたのが中古書店でもないのに、雑誌に紐掛けどころか、コミックにパッケージすらしていない本屋さん ∑( ̄□ ̄;)!!!

パッケージの作業も全くいらないし、入り口からオッサンが台車でもってきてバシバシおいていく様は、いっそ素的に潔かった( ´∀`)v

←ただし暗黙の了解で、お客様も立ち読みなどはしません。
・・・『本が傷むからやめてねv』。って書いてあるし、オニのような恐持ての書店員さんはいるし(苦笑)

これだけ書店があって、立ち行くのかというと、なんとそれぞれジャンルに特化していて、棲み分けができているのですな。
←自然の食物連鎖のごときピラミッド型サイクル。
(小さい所はジャンルを特化して深い品揃えなわけです。で、細かい店が草原の草のように沢山あるわけです。で、大規模点は広く浅い品揃えでライオンのごとくやっていくわけですよ。
お客さんは、神保町に来れば、必ず求めている本が手に入るというので、集客力UPにも繋がるという・・・。
書店が集まっていることによる強力な上昇スパイラルですよね、これは。
ちなみに大手出版社もこの辺りに集まってます。)

まぁそんなこんなで、神保町探検でした。
書店で一日過ごせる方や、お近くの方は行ってみてはいかがでしょうか★

*****
ドラマ『鹿男あをによし』を見ていたら、奈良に行きたくなりました。
暖かくなったらぶらりと行くかもしれないですww
←本当は桜の頃に行きたいが休めずorz
その前に本で予習予習♪あるイミで奇想天外と(笑)たいへん好評です。
それだけではなく、奈良の街が非常に素晴らしく書けているそうです。
もう買ってあるので読むのが楽しみです♪
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
200802141758
<<「熱狂の日」チケット獲りに血眼。 | Wisp(ウィスプ) | Mozilla Firefox & Thunderbirdを導入。>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。