スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
クラシック・コレクション
wisp-logo
クラシック・コレクション

今もっているクラシックCDをご紹介♪
※志乃のクラシック・鑑賞レベルは初級です(笑)
※画像つきでご紹介できるものを貼っていきます。
※合唱が多いです。
※オススメのクラシック(特に合唱曲)がありましたら、コメント欄にて教えてくださいませネ♪
三大レクイエムは、
左のヴェルディのレクイエム、
下左のモーツァルトのレクイエム、
ここではご紹介していませんが、
フォーレのレクイエムです。
*
クラシックはまりのきっかけは、モーツァルトでした。
このモーツァルトのレクイエムには補筆した人によって、様々な“版”があります。このCDは、“バイヤー版”です。そのほかは、“ジュスマイヤー版”、“レヴィン版”など、様々な版があります。全ヴァージョンを聴いたわけではないので、どれがベストか、というのは今のところ分かりません。聞き比べるために、コンサートに行ってみたりしましたが…しかしどうやら同じ“バイヤー版”だったようです(苦笑)




クラシックは、楽曲は同じでも、指揮者・演奏者が違う様々なCDが売られています。
私もはじめは『何から聴いていいやら?』『買ってみて外したらイヤだ』というのがあって、クラシックは敷居が高かったけれど、カセットテープで聴いていた“モーツァルトのレクイエム”をどうしてもCDで買いかえる必要ができて、色々なサイトの評価を参考に、『エイヤ!』っと購入してから、エンドレスでCDを聴いていると、“モーツァルトのレクイエム”が好きになり⇒“クラシック”に興味を持ち⇒“クラシック”に関心が向き⇒いつの間にか聴きたい音楽の情報が増えている⇒ということで、着々とCDを購入していったのでした。

クラシックは、演奏者が大人数の割りにCDが安く、お得だなァ~と思います。
しかも、同じ楽曲で色々なヴァージョンがあったり、演奏者も好きな組み合わせ(指揮者・オーケストラなどなど)を選ぶことが出来たりして、楽しかったりもしますww。
しかし、昔の貴族は、モーツァルトやバッハに、『誕生日の音楽を作ってくれ』とか『踊りの曲を作ってくれ』だとか言って、“自分のためだけ”に作曲させていたのですから、何とも贅沢ですね。いや、モーツァルトはそれで食べていた“音楽職人(仕事)”であって、現代の私はその恩恵にあずかっているわけですが…(苦笑)。
おおっと待てよ?
作曲こそさせないけれど、音楽をとっかえひっかえ聴きまくっている現代の私たちって、中世の貴族生活並みでは…?



◆脱線して、スッキーMusicご紹介◆
※クラシック要素あり。

合唱スッキーな土壌はここからきていた!!
という訳で。声の重なりの美しさが実感できる楽曲が多々。和調なのにも弱いです。


これは映画音楽として作られたけれど、重低音で、壮大なクラシック。
というよりも、音楽は聴いていて好きかそうでないか、気持ちいいかそうでないかで決めてしまっていいと思う。
そういう軸で見たら、一も二もなく好き。

↓↓↓ガブリエルの憂鬱(押井守・公式サイト)
http://www.oshiimamoru.com/
↓↓↓川井憲次・公式サイト
http://www.kenjikawai.com/

◆ソウルフルなMusic◆


映画『殺しの烙印 ピストルオペラ』の主題歌として「野良犬のテーマ」が、挿入歌として「サイコアナルシス」が使われました。
鈴木清順監督、2001年。
人物それぞれが毒を持っていて、舞台っぽく、エゴラッピンの“バーラウンジで歌い上げるプロ崩れの女(いや、プロなんだけど)”の雰囲気とぴったりで面白かったです。

↓↓↓EGO-WRAPPIN(エゴラッピン)公式サイト
http://www.egowrappin.com/


言葉で埋め尽くされた隙のないソング。
聴いていると集中しすぎて、ぽかーんと口が開けっ放しになるほどカッコいい。
…早すぎてカラオケで歌えません(涙)

↓↓↓SOUL'dOUT(ソウルドアウト)公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/SouldOut/index.html


映画『嫌われ松子の一生』の挿入歌。
パンチが効いていて、ソウルフルなのに弱いねー…。
映画のシーンを、プロモーション・ビデオとしてつけてほしいくらいイカしてました。
昭和風味”とか、それを象徴する“大きい水玉”(ショッキング・ピンクとかねー…)にも、弱い(笑)。

↓↓↓BONNY PINK(ボニーピンク)公式サイト
http://www.bonniepink.jp/


錆びてる感じ”だったり、独特の言語(節回し)感覚を持っていたり。
他では真似できない感じが、聴いていて面白い。

↓↓↓LOVEPSYCHEDELICO(ラブサイケデリコ)公式サイト
http://www.lovepsychedelico.net/

◆はみだしMusic◆
オススメせずにはいられない~!☆

鬼哭街CDジャケット。中央東口さん書下ろし。
廃墟を表現させたら天才的な“虚淵玄”氏原作の、分岐のないストーリーノベルとして作られた『鬼哭街』のオリジナルサウンドトラック。
音楽創作集団ZIZZ STUDIO製作の楽曲はスリリングで、触れると血がほとばしり出そうなほどエッジが効いていてカッコよく、“いとうかなこ”さんの歌う、「涙尽鈴音響」は澄んでいてとても美しいです。
完成度MAXな全16曲を収録。
(注)ニトロプラスの作るゲームはカッコよくて好きですが、このゲーム自体は、お子様入場不可!!なシーンもあるので気をつけてください…。
↓↓↓Nitro+(ニトロプラス)
http://www.nitroplus.co.jp/pc/
↓↓↓いとうかなこ・公式サイト
http://www.kanataro.com/
※「涙尽鈴音響」を試聴できます。
↓↓↓ZIZZ STUDIO・公式サイト
http://www.zizz-studio.com/
スポンサーサイト
別窓 | ショート・ストーリィ | コメント:0 | トラックバック:0
200606221414
<<SAMURAI7 第九話『真っ二つ!』※キュウゾウとカンベエさまのラヴラヴなイラストつき(殺?) | Wisp(ウィスプ) | 映画『TRICK(トリック)-劇場版2-』>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。