スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
ひまわり
こんな茹だるように暑い日は きみのいない左側に ひまわりを持って、
何故だか今も 別れたあの夜の映画館の前に 少し佇んでしまうのだけれど

ぼくらの想い出のその場所も もう何年も前に閉館してしまっていて、
それを きみはもう 知ることはない。

きみがぼくに遺していった明日という約束は けっこう大きなものだったけれど、
きみのいない左側に ひまわりを 右側にたくさんの小さな明日を持つことで
ぼくはどうにか毎日を暮らしているよ

時が過ぎて 目を上げてみたら 空が広がっていた。
きみの言っていた明日にも いつか繋がっていくよね。

きみがぼくに遺した 明日という約束を見るために 今日も生きるよ。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
200807110005
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。