スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
映画『花よりもなほ』
剣の腕はからきしダメ、逃げ足だけは天下一品な侍の仇討ちを描く、是枝裕和オリジナル脚本による時代劇。
是枝裕和監督といえば、前作の『誰も知らない』で、2004年カンヌ国際映画祭にて、当時14歳の柳楽優弥(やぐらゆうや)くんが、史上最年少で最優秀男優賞を獲得したことで話題騒然となった。

◆おおまかなあらすじ◆
時は、元禄14年(1701年)3月14日に浅野長矩が吉良上野介を斬りつけた事件(松の廊下事件)の一年後のこと。
青木宗左衛門は父の仇討ちのために、信州松本から、江戸へ出てきている。
仇討ちの相手は、顔の右側に大きな痣があるという。

貧しい長屋住まい。
人情あふるる半年を暮らしていくうち、あろうことか「仇討ちしない人生」もあると知ってしまう宗左衛門。
父に教わった剣の腕はまるで弱く、残されたことは仇討ちのみという、憎しみや悲しみしか自分にはないのか?をということを思いあぐねるうち、それだけではなかったことにも気付いてしまう宗左衛門。

そんなある日、宗左衛門は、ひょんなことからカタキを見つけてしまう。
その敵は、子供と、身ごもった妻と楽しげに手を取り合っていて―――

はたして、彼は、仇討ちするのかしないのか?

↓↓↓『花よりもなほ』オフィシャル
http://www.kore-eda.com/hana/op.html
nagaya mapはなかなか面白いンじゃないでしょうか~。

◆配役◆
岡田准一/青木宗左衛門…着物が似合うように、この映画のために少々太ったとか。
宮沢りえ/おさえ…すっかり時代物が板についてますねぇ~ヽ(´∀`*)ノ
*
浅野忠信/金沢十兵衛…青木宗左衛門のカタキ役。
『五条霊戦記』『アカルイミライ』『座頭市』『SURVIVE STYLE 5+』など、何気なく浅野さんの出演映画は観ています。
いい意味で、変わった役が多いですよね。特に、『SURVIVE STYLE 5+』はヘン!!だった…。
『五条霊戦記』など、時代物はカコイイです。

*
古田新太/長屋の貞四郎…劇団☆新感線の看板役者。
私はカコイイ!!と言い張るのだが、写真を見た人の反応はニブイ。
ちなみに、“新線”を単語登録していて、うっかり修正し忘れると、ご存じない方に「新線ですよ?」と指摘され、説明するのに四苦八苦する(゚д゚;)


◆感想◆
本当は、『嫌われ松子の一生』を観ようと思っていたのですが、目前でチケットが完売しましたー…うっわぁあぁあ…。+゚(゚´Д`゚)゚+。ブワッ
という訳で、劇団☆新幹線の看板役者、古田新太さんが出ていて少々興味のあった『花よりもなほ』に軌道修正いたしましたお。

ブログの左側に張ってある『映画観客動員数ランキング』では、現在8位ですけれども、席は、平日のせいもあってか??正直言って空き気味です。

本筋。
全体的にのんびりしたムード。生活を描いて、淡々としているかな?
物語に劇的な起伏を望んでいる方には、あまり向かないかもしれないです。

でも私は、池波正太郎氏をはじめとする、緩やかな?時代小説を読んでいるので、こういう「絶対にカタキを討たねばならないわけでもない…か。」っていうのは、ほっとする感じがしました。
ちょうど、友人とイザコザみたいなのがありまして~、「もう絶縁状送るか!?」とか思っている状態だったので、「まぁ、時間が解決するかもしれないし、しばらく様子を見ておく…か。」なんて思ったり。

こう、ね、ずっと長年一緒に遊んでいるグループがあって、Aさんに意見?をしたら、ある食事会にグループの他の人は誘って、私のことは、「誘っても肉はパスとか言いそうだから」とか他の人には言っていたそうなんですが、誘ってくれなかったのですよ~。
これって些細なことですかねぇ…。他の友人伝えから聞いたので、いっそう不快感増してますヨ。
自分としては、もんもんとしています。

まぁ置いておいて、『花よりもなほ』。
結局、宗左衛門は一計を案じて、カタキを討ちません。
――心の中の“クソ”を“モチ(賞金の百両)”に変えたわけです。

そして、カタキの子供(血は繋がっていないけれど)も、自分のやっている寺子屋に読んで、字を教えようという。
たぶん彼は、このまま士分にもどらず、貧しい長屋(市井)に暮らし続けるのではないか、というのを感じさせる終わり方でした。

観終わったあとは、ふわーっとやわらかく、優しい気分になっています。
私もゴタゴタはどうにか“モチ”に変えたいものです。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:8 | トラックバック:23
200606081043
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。