スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
SPIRIT
◆配役◆
霍元甲(フォ・ユァンジア)/李連杰(ジェット・リー)
農頸蓀(ノン・ジンスン)※霍の親友/ドン・ヨン
霍の父/鄒兆龍(コリン・チョウ)
*
月慈(ユエツー)/スン・リー
*
田中安野(アンノ)/中村獅童(シドウ)
*
監督/ロニー・ユー
この話題に関するクチコミを見る

話題の.jp

◆おおまかなあらすじ◆
病弱な少年であった霍(フォ)は、強さにことさら憧れ、
優れた武術家であった父が稽古をつけることを厭うなか、陰ながら修練に励む。

その父亡き後、道場を継いだフォは“天津一”を目指し、負けを知らないことで、
己の力に慢心し、親友・頸蓀(スンジン)の忠告にも耳を貸さなくなってゆく。

弟子が増えるにつれ、借財もトラブルも増す。
そんなある日、フォが“天津一”になるためには倒さねばならぬ相手、
泰(チン)という武術家によって、弟子が大怪我を負った。

フォは弟子の仇として、チンの誕生祝いの席に乗り込み、果し合いを行い、
結果、チンには勝ったものの、彼を死なせてしまう。

その代償は大きかった。
チンの息子が報復のために、フォの母親と一人娘を殺めたのだ。
*
深い悲しみに落ち、絶望にさいなまれたフォは、そのまま天津を離れて漂泊し、
ある村の人々に助けられる。
おばあさんと盲目の孫娘・月慈(ユエツー)との暮らしにより、心身ともに癒され、
人としてのこころを取り戻していく、フォ。
そして、“強さ”の真の意味に気づく。
*
数年ぶりに戻った天津は、欧米からの文化の流入により、変わっていた。
フォは、上海にて『東洋の腰抜けども』と罵倒し、気炎を上げていたアメリカの格闘家と戦い、
これを傷つけることなく、“戦うことで交流を深めること”を示したことで、
欧米に対して、卑屈になっていた東洋の面目を施すのだった。

それを快く思わないのは、中国の外国協会である。
フォの勝利と、彼を会長とする体育会の成立が、国民の反欧感情に火をつけるのではないかと
恐れたのだ。
1910年9月14日、当局は、フォらの気勢をそぐために対戦試合を企てる。

そしてここに、4名の外国勢 対 霍との異種格闘技戦が、幕を開けた――

↓↓↓SPIRIT
http://wwws.warnerbros.co.jp/spirit/

◆感想◆
久しぶりの格闘もので、楽しかったです。
こう、いろいろなパターンで蹴ったり、殴ったり、舞台から落ちそうなところを、
足技で戻ったりで面白い。「少林寺」シリーズとか大好きでしたし。
鍛錬すれば、すぅっと、竹の頂点に片足で乗ったりできると、子供のときは本気で信じてましたねぇ。
*
己の力に対する慢心から、母・娘が殺されることになり、そのショックから心神を喪失し、
たどり着いた村で人のこころを取り戻していく過程が自然で良かったです。

最後の戦いで、日本の武術家・田中安野は~いい男すぎますねぇ^^。
よォ、ニッポン男児!!

安野とフォが互いの武器(刀と三節棍)を戦いのさなか、もぎ取りあい、安野が三節棍を使っていて、振り回しすぎ、顔面を強打するところが、緊迫したシーンの連続のなか、小技が効いていて笑えました。
*
武器での対戦は引き分けになり、素手での戦いになるわけですがここで、フォはお茶に毒を盛られ・・・血反吐まみれの悲惨な状態に(涙)
ああ、血が黒いよ(さらに涙)。

安野は戦いをやめようとしますが、フォは武術家として生きてきた意味をとして、ここで全力を尽くすという。
安野もそれならば自分も全力で戦うと言う。

死の間際、安野に対してフォは、チンを死に至らしめた拳を放つわけですが、寸止めとして倒れていく。
それが、彼の村で過ごした日々の全てなんだなぁと思えて、また泣けました。

そこで、真の漢(おとこ)・安野、フォを抱きかかえて拳を上げ、「フォ~・ユァン~ジア~」と高らかに勝利宣言するわけです。
いやぁ、獅童さん、かっこいい。←何役をやっても獅童さんは獅童さんなんですな。

よかったです、SPIRIT。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:3
200603282110
北斗の拳―ラオウ伝 殉愛の章―
ラオウ

※伝説のラオウ・フィギュアが劇場にて来場の全国先着20万名にもらえるそうで・・・、
 いただいてきました。

◆おおまかなあらすじ◆
核戦争で荒廃した近未来。
世界には力が支配する闇が広がっていた。

そのような中、1800年もの間、一子相伝の掟が貫かれてきた究極の暗殺拳・北斗神拳の伝承者に、ケンシロウが選ばれる。
これを機に長兄ラオウは師リュウケンと決別、武力で戦乱の世を支配する道を選ぶ。
次兄のトキは、死の灰を浴びたことで、その残された命が少ないことを知り、北斗神拳を医学に生かし、人々を癒す道を選んだ。

一方、南斗聖拳最強の男・サウザーは民衆を奴隷にし、己の力を誇示していた。
放浪の旅を続ける中でいつしか救世主と呼ばれるようになったケンシロウは、支配者たちとの宿命の対決を迎えようとしていた。

*****
私的には、この映画は―シュウ伝 仁星の章―でしたねぇ。

うう、仁星のシュウとその息子・シバがカッコよすぎてやられましたわ。
シバは、ケンシロウを助けるために、おとりになって敵をひきつけて爆死(涙)

“盲目の闘将”シュウは・・・さまざまな名シーンがありますが、やはり最後。
太ももの両方の腱を切られ、血を噴出させつつも、
人質のため、重い聖碑を担いで聖帝十字陵の頂きへ上る姿に、涙涙。
「この岩をおまえたちの命と思えば重くはない。」ううー(涙)。
こういう仁の人に弱いです。技も華麗です。
ケンシロウがサウザーに、彼の脚技である南斗白鷺拳を一撃したのは、感動的なシーンでした。
*
北斗の拳がTVで放送されていた頃は、小学生でしたので、
ひたすら「あべばー」とか「へげぐー」とか大好きで観ていたので、
ストーリーがちんぷんかんぷんでしたが、映画版とあっているのでしょうか?
映画版は皆(サウザーまでも)、「悪をしているのもそれぞれ道理があるのだよ」っていうタッチでしたが。
今、漫画を全部、読み返したくなってます。

↓↓↓
真救世主伝説 北斗の拳
http://www.hokuto-no-ken.jp/

*****
ちなみに、北斗七星は“ひしゃく星”とも呼ばれます。
私はこの辺の知識を小学生の時に持っていたので、友人Tに、
「ケンシロウは何座で戦っているのかな?」と訊かれたとき、迷わず、
「柄杓だよ~」と教えてしまったのですが、大熊座“一部”の間違いでした。

・・・というより「何座で戦っているの?」っていうのは、『聖闘士星矢』・・・だよね??

しかも、「海坊主が持って船を沈めるように戦うのかなァ?」なんて注釈つきで教えちゃったし。
この場で訂正しておきます、Tさん。
*
サウザーの声って、大塚明夫さんなんですよね。
攻殻機動隊のバトーに、ブラックジャックなどなど、もー最高に渋くて深みがあり、かっこいいです。
今回のサウザーも憎たらしさ全開でありながらも、最後の死の間際のシーンでは、
その残虐さには哀しい理由があったのではないかと思わせてくれます。名優だと思います!!

声と言えば、ケンシロウ(阿部寛)は、そんなに違和感なし。
←違和感がなければ神谷明さんでいいのでは?いや、阿部さんファンではありますが。
神谷さんの濃さで育った世代なので、北斗百烈拳は、もっと伸びが長いほうがよかったなぁ。
ラオウの声(宇梶剛士さん)は、錆び&かすれ具合はよかったのですが、浮いていました。
激昂したときのレイラさんの声(柴崎コウ)は、割れすぎていて、マイナスポイントでした。
・・・というより、アニメ版の配役ままでよかったよーなー。←見も蓋もないいいよう(爆)

でも、シリーズということなので、慣れてきますよね!続編も楽しみです。
*
それから、BGMがすごくかっこよかったので、サントラだしてください。東宝さん(?)お願いします。
別窓 | 映画 | コメント:1 | トラックバック:7
200603282100
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。