スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
臓器提供の意思表示
☆更新回数:1(2005.11.13)

私は、臓器提供や献血、骨髄ドナー登録に興味がある。

<臓器提供意思表示について>
今日、(社)日本臓器移植ネットワークから、
「移植で助かる命について考えた証」を表明する、リストバンドが届いた。

バンドは、半分ずつグリーンと黄色に塗り分けられ、
表面は、"think transplant"の文字と、天使が二人、ハートが一つ捺されている。
さっそく左腕につけた。

私が、このリストがほしかったのは、こういう意思があることを、
周囲の人に強くアピールしたかったからではなく、
もし事故などで、カードを入れている財布を紛失したりしたとき、
このリストの意味を知っている人がいれば、私の意思を叶えてくださるのではないか。
そういうことなのだ。
(腕がもげる、とかあまりないと思うので・・・考えすぎかな。)
そのため、もっとこのリストが知られたら、と思っている。

私が「臓器提供意思表示カード」を持ったのは、1999年のこと。
動機は、臓器移植を必要として、海外に渡る小さな男の子や女の子のドキュメントを
見たからなのだ。

「脳死」や「心停止」を起こしていたら、臓器を取り出されても痛みなど感じないし、
そのこと事態、分かるまい。
それならば、己の臓器を必要とする人に提供し、移植してもらい、
その人が命を永らえることができるなら、その人の一部として、
一緒に生き続けることができるではないか。

そう、考えた。

臓器提供意思表示カードの裏に、私は書いた。

「私は脳死の判定に従い、脳死後もしくは心臓が停止した死後、という状況に至った場合、
 移植のために提供し得る、全臓器を利用して頂くことを希望します。」

*** (社)日本臓器移植ネットワーク ***
http://www.jotnw.or.jp/
※現在、リストバンドと、新デザインの意思表示カード、リーフレットを
 希望者に配布されています。

<献血について>
私は、献血後のリスクについて知ったうえで、献血をすることにしている。
(定期的ではなく、血液センターの近くを通ったときや献血車を見かけたとき、
 時間のあるときにですが。)

*** 献血リスク ***
朝日新聞(11/2)記事より。
献血後のめまい・転倒などの健康被害は、これまで明確な救済基準などがなく、
全国の血液センターがそれぞれの判断で見舞金を支払っていた。
厚生省の方針で、救済制度が2006年度中に整備される見通しであるそうです。

<骨髄バンクへのドナー登録について>
リスクを調べて、躊躇している。

勤め人にとって、「骨髄移植」に際しての、休業補償のない4~5日の入院は、
正直、負担になる。
助けになりたい気持ちはあるけれど、自分の生活をないがしろにするわけにはいかない。

万一、後遺症で動けなくなった場合、看護などで家族や周りの人に負担を掛けてしまう。
助けになりたい気持ちはあるけれど、自分が身体を損ねるわけにもいかない。
一生涯治らないとすれば、300万円~1億円の保証は、はたして十分なのだろうか・・・?

ためらっている。

*** 骨髄提供リスク(2005年1月13日現在) ***
・「骨髄移植」にあたっては、ドナーは4~5日の入院が必要。
・ドナー登録や提供時の休業補償は、あくまでも善意にもとづく骨髄提供であるため、ない。
 (ただし、官公庁や一部企業などで「骨髄ドナー特別休暇制度」を導入しているところもある。)
・提供の際に、万一の事故が起きた場合は、最高1億円の補償制度がある。
 死亡時には一律1億円、後遺症には、程度により300万円~1億円の補償がある。
・過去の死亡事例は、日本骨髄バンク(非血縁者間)では、発生していない。
 過去に家族のための骨髄採取(血縁者間)にともないイタリアで2件、
 日本では、麻酔事故によるドナーの死亡事例が、1件報告されている。

*** 日本骨髄バンク(骨髄移植推進財団) ***
http://www.jmdp.or.jp/
※『チャンス(FLASH)』をぜひご覧ください。

*** 追記(2005.11.13) ***  
朝日新聞朝刊で、一面広告が打たれていました。いいことだと思います。
他の新聞にも載っていたのでしょうか?

「臓器提供意思表示カード」には、3つの選択肢があります。
*
1.脳死後に、提供を希望する臓器に、“丸”をつける。
2.心停止後に、提供を希望する臓器に、“丸”をつける。
3.臓器の提供意思がないことを表明する。
*
「提供しない意思」も尊重されます。
また、選択した意思が変わったときは、カードを書き直す自由があります。
「提供する臓器を増やしたい」「やはり提供はしたくない」・・・自由です。

あなたは、どう思われますか?
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:1
200511101453
3切れは「身を切れ」、4切れは「死ぬ」と、
兎角お新香の枚数にゃハラハラさせられますが、
日本人は、統計的にも「3」が好きな民族なんです。

例を挙げてみましょう。

ラ○オンのデンター・ホワ○トが特売で、98円です。
お得感を味わうには、2本では少ない、4本では多い。
たいてい3本買います。

旅の道連れが2人なら、ケンカをしたら、ハイ、それまでよ。
4人なら、とっととグループに分かれて別行動です。

3人だったら、2人ケンカして、1人仲裁役。
ホラ、丸く収まるじゃありませんか。
(皆でケンカするなら?・・・はじめから旅の友に選ばないでください。)

納得されましたか?

では、典型的な日本人の例を挙げてみましょう。

彼女は、同じメーカーの、まったく同じYシャツで、
ブラック、ゴールド、ブルーを持っています。

靴も、同じメーカーの、まったく同じ形で、
グレー、茶、深緑と持っています。

・・・私です。

偉大な漫画のキャラクターは、同じ服を着続けるものなのです。

*** 追記 *** 
趣旨を変えるテクニックをお見せしました。
別窓 | ショート・ストーリィ | コメント:0 | トラックバック:0
200511101406
私の頭の中にも消しゴム
戯れに、弟妹のあだ名を考えていたら、本名が思い出せなくなりました。

*** 追記 ***
時事ネタは、熱いときに打て。
別窓 | ショート・ストーリィ | コメント:0 | トラックバック:0
200511101303
携帯の電源はOFFに。
腹の虫がOFFできません。

*** 追記 ***
おへそにガムテープを貼ると、弱音できるそうです。
(試したことは、ありません。)
別窓 | ショート・ストーリィ | コメント:0 | トラックバック:0
200511101302
反芻
食物を反芻し続ける、偶蹄目反芻類にみられる四つの胃のように、
私は一日の出来事を反芻する。

反省点を列挙しているつもりが、
いつの間にかネタとオチ探しに必死な自分に気がつき、
いやンなって、寝る。

*** 追記 ***
取り返しのつかぬ事を、悩むだけムダ。
別窓 | ショート・ストーリィ | コメント:0 | トラックバック:0
200511101301
天罰
終電で混雑しているなかで、座ることができた。

目の前に、ご高齢な方がいるが、眠りの渦に巻き込まれていく私。

やがて、アポロ16号で、人類初の月へ到達した、ジョン・ヤング宇宙飛行士よろしく、
自分的・未踏の大地へと降り立つ。

電車は、もうない。

*** 追記 ***
神様は、ご存知です。
別窓 | ショート・ストーリィ | コメント:0 | トラックバック:0
200511101301
FAX
私は、先方様に、まずメモ用紙を送る。

原稿面を表にしてFAXするのを、忘れるのだ。

メモ用紙をご利用いただいているかどうかは、訊いたことがない。

*** 追記 ***
コスト削減の波に乗れない自分。
別窓 | ショート・ストーリィ | コメント:0 | トラックバック:0
200511101259
コピー
100枚コピーした。
網掛けが消えていた。

彼は、有価証券コピー防止機能がついたできるヤツ。
網掛けを消すことなど朝飯前なのだ。

蛍光ペンで網掛けを復活させながら、
被害者友の会を作ることを考えた。

*** 追記 ***
信じていたものに裏切られる気持ちが、分かった気がする。
別窓 | ショート・ストーリィ | コメント:0 | トラックバック:0
200511101259
| Wisp(ウィスプ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。